日本行政書士連合会登録
第10271275号
京都府行政書士会会員
第2261号


代表の紹介
  代表の紹介
 ご相談者様の声
  サポート料金
  ご相談から解決までの流れ
  相談予約フォーム
 事務所選びのポイント
 事務所のご案内 
 交通アクセス
 特定商取引法の表示 
 プライバシーポリシー 
 免責条項
 離婚協議書とは
 離婚協議書の内容
 公正証書での作成
 財産分与
 慰謝料
 養育費
 親権・監護権
 面接交渉権
 相手の不貞行為
 相手の生死不明
 悪意の遺棄
 重度の精神病
 重大な継続不能事由
 暴力・DV
 協議離婚
 調停離婚
 審判離婚
 裁判離婚
 戸籍等役所関係の手続き
 子の氏の変更
 提携事務所
 リンク集
 相互リンク募集
  相手の不貞行為 


不貞行為とは、いわゆる浮気のことです。

夫婦には貞操義務があり、それに違反する行為が「不貞行為」と呼ばれるものです。
   
他の異性との性交渉があったり、推測するに十分な状況が認められる場合です。

ただし、夫婦の一方や不貞の相手が認めない場合は、証拠が必要です。
   
そのため、浮気の疑惑がある場合には、まず証拠を集めます

メールの保存や、ラブホテルの領収証の保存、相手の行動について日記をつけておく等の他、場合によっては探偵の活用も検討します。  

また、風俗の場合は、たった1回の場合等では不貞行為とは認められません

何度話し合っても、風俗通いをやめない場合には、「重度な婚姻を継続しがたい事由」に該当すると判断され、離婚の請求は可能ですが、風俗嬢に慰謝料の請求はできません

出会いが風俗であったとしても、金銭が発生せず、通常の交際となっている場合は、慰謝料の請求も可能です。


  不貞の宥恕 


不貞の宥恕(ゆうじょ)とは、不貞を許すことです。

例えば、妻が夫の不貞を一旦許したとします。
しかし、やはり許しきることが出来ず、結果的に離婚に至った場合、一旦許したのだから、もう不貞を離婚原因として妻は離婚請求することは出来ないのでしょうか。

婚姻関係の破綻原因は、様々な問題の積み重ねでもありますので、一概に言えることではありませんが、妻からの離婚請求が認められる可能性はあります

これは、妻が不貞を全面的に許したかどうか、また、許した状況やその後の夫の努力等にもよるでしょう。

夫が不貞関係を断絶する旨の誓約書を書き、妻が一旦許したケースでは、一旦妻は許したものの、妻が全面的に許したとは認めらないとして、妻からの離婚請求が認められた裁判例もあります。

それでは逆に、妻の不貞を夫が一旦許したが、その後、妻を疑い続け、束縛し、責め続けた場合はどうでしょうか。

これは、夫の責めに耐えられなくなった妻が離婚を請求したケースです。

結果は、妻からの離婚請求が認められました。(東京高裁、平成4年)

この様に、仮に不貞を一旦許してもらったとしても、状況によっては、再度、不貞が離婚原因として認められることもありますし、逆に、不貞した側からの離婚請求が認められることもあります。

要は、不貞を許してもらったらそれで終わりでは無く、誠心誠意相手との関係修復に努める努力が必要であり、逆に、不貞を許したからといって、何でもしていいという訳では無いということです。





あい法務行政書士事務所への個別相談・お問い合わせはこちらから!

 

 
 HOME | 代表紹介 | 交通アクセス | サポート料金 | 相談予約フォーム
 お手続きの事例 | ご相談から解決までの流れ | 事務所のご案内 
 プライバシーポリシー | 特定商取引法の表示 |免責条項| リンク
 〒600-8052 京都府京都市下京区綾小路通麩屋町西入塩屋町72-202
あい法務行政書士事務所 TEL:075−585−8688
Copyright (C) 2011 あい法務行政書士事務所 All Right Reserved