日本行政書士連合会登録
第10271275号
京都府行政書士会会員
第2261号


代表の紹介
  代表の紹介
 ご相談者様の声
  サポート料金
  ご相談から解決までの流れ
  相談予約フォーム
 事務所選びのポイント
 事務所のご案内 
 交通アクセス
 特定商取引法の表示 
 プライバシーポリシー 
 免責条項
 離婚協議書とは
 離婚協議書の内容
 公正証書での作成
 財産分与
 慰謝料
 養育費
 親権・監護権
 面接交渉権
 相手の不貞行為
 相手の生死不明
 悪意の遺棄
 重度の精神病
 重大な継続不能事由
 暴力・DV
 協議離婚
 調停離婚
 審判離婚
 裁判離婚
 戸籍等役所関係の手続き
 子の氏の変更
 提携事務所
 リンク集
 相互リンク募集
  相手の生死不明 


配偶者の生死が3年以上明らかでないときは、生存を最後に確認できたとき(電話があった、家を出て行った等)から、3年を経過すれば、離婚の請求をすることができます。    
この場合、家庭裁判所に調停をしないですぐに地方裁判所へ訴訟を起こすことも可能です。

また、生死不明になった理由や過失は問われません。    

客観的に生死不明の状況が3年以上あるという条件が必要です。

生きていることはわかるが、所在が判明しない場合などは該当しません。   
 
離婚が確定した後から生存が確認されても、婚姻関係が復活することはありません。(失踪宣言による離婚)


  失踪宣告 


原則として、7年以上生死不明の状態のときは、請求ができます。
   
ただし、戦争や船舶の沈没、地震、その他の危機等で行方不明になった場合には、1年以上生死不明であれば、請求が可能です。
   
この場合は、生存が確認できると婚姻関係は復活しますので、重婚等のトラブルが予想される場合には、悪意の遺棄や3年以上の生死不明を原因とする請求も検討されてください。




あい法務行政書士事務所への個別相談・お問い合わせはこちらから!

 

 
 HOME | 代表紹介 | 交通アクセス | サポート料金 | 相談予約フォーム
 お手続きの事例 | ご相談から解決までの流れ | 事務所のご案内 
 プライバシーポリシー | 特定商取引法の表示 |免責条項| リンク
 〒600-8052 京都府京都市下京区綾小路通麩屋町西入塩屋町72-202
あい法務行政書士事務所 TEL:075−585−8688
Copyright (C) 2011 あい法務行政書士事務所 All Right Reserved