日本行政書士連合会登録
第10271275号
京都府行政書士会会員
第2261号


代表の紹介
  代表の紹介
 ご相談者様の声
  サポート料金
  ご相談から解決までの流れ
  相談予約フォーム
 事務所選びのポイント
 事務所のご案内 
 交通アクセス
 特定商取引法の表示 
 プライバシーポリシー 
 免責条項
 離婚協議書とは
 離婚協議書の内容
 公正証書での作成
 財産分与
 慰謝料
 養育費
 親権・監護権
 面接交渉権
 相手の不貞行為
 相手の生死不明
 悪意の遺棄
 重度の精神病
 重大な継続不能事由
 暴力・DV
 協議離婚
 調停離婚
 審判離婚
 裁判離婚
 戸籍等役所関係の手続き
 子の氏の変更
 提携事務所
 リンク集
 相互リンク募集
  子の氏の変更 


母親が親権者になり離婚届を提出した場合、母親は元の戸籍から離れ、新戸籍を作成することになりますが(子供がいる場合は婚姻前の戸籍には戻れません)子供は父親の戸籍に入ったままです

そこで、母子が同じ戸籍に入るには、家庭裁判所に「子の氏の変更許可の審判」を申し立てなければいけません。

これは、父親母親戸籍謄本を添えて提出すれば、大抵即日処理されます。

ただ、家庭裁判所に提出する書類を役所が送付してくれるのに数週間、家庭裁判所から役所に提出する書類が送付されるのに数週間かかる場合がありますので、完全に戸籍が一緒になるまでには、しばらく時間が必要になります。


胎児の戸籍 


民法には、離婚後300日以内に出生した子供は元夫の子と推定されるという定めがあります。

そこで問題になってくるのが、離婚後300日以内に出産の可能性がある場合です。
そして、真実の父親が元夫ではないという場合です。

どうにか元夫の戸籍に入ることなく、事前に回避する方法がないかと相談をよく受けますが、胎児のうちに(出生する前)に回避することはできません

出生後の方法としては、元夫が地方裁判所に「嫡出子否認の訴え」を提起するか、母親が子供の代理人として家庭裁判所に「親子関係不存在確認の訴え」を提起するかのどちらかです。

以前は、元夫からの訴えしか認められていませんでしたので、一旦元夫の戸籍に入り、その後訴えが認められたら戸籍の変更をするという形でしたが、現在では、母親が子供の代理人として訴えることにより、審判中、出生届け提出期限を延ばせるようになっているようです。

ただし、DNA鑑定などが必要になりますので、審判に2〜3ヶ月かかることもあります。その間保険や1ヶ月検診などが受けられないという問題点がでています。




あい法務行政書士事務所への個別相談・お問い合わせはこちらから!

 

 
 HOME | 代表紹介 | 交通アクセス | サポート料金 | 相談予約フォーム
 お手続きの事例 | ご相談から解決までの流れ | 事務所のご案内 
 プライバシーポリシー | 特定商取引法の表示 |免責条項| リンク
 〒600-8052 京都府京都市下京区綾小路通麩屋町西入塩屋町72-202
あい法務行政書士事務所 TEL:075−585−8688
Copyright (C) 2011 あい法務行政書士事務所 All Right Reserved