日本行政書士連合会登録
第10271275号
京都府行政書士会会員
第2261号


代表の紹介
  代表の紹介
 ご相談者様の声
  サポート料金
  ご相談から解決までの流れ
  相談予約フォーム
 事務所選びのポイント
 事務所のご案内 
 交通アクセス
 特定商取引法の表示 
 プライバシーポリシー 
 免責条項
 離婚協議書とは
 離婚協議書の内容
 公正証書での作成
 財産分与
 慰謝料
 養育費
 親権・監護権
 面接交渉権
 相手の不貞行為
 相手の生死不明
 悪意の遺棄
 重度の精神病
 重大な継続不能事由
 暴力・DV
 協議離婚
 調停離婚
 審判離婚
 裁判離婚
 戸籍等役所関係の手続き
 子の氏の変更
 提携事務所
 リンク集
 相互リンク募集
  協議離婚 


協議離婚とは、お互いの話し合いによる離婚です。
離婚全体の90%がこの方法によります。

手続きとしては、役所で離婚届用紙を取得し、お互いが必要事項を記入押印し、証人2名に署名押印してもらい、本籍地の市町村役場もしくは現住所地の市町村役場に提出します。

本籍地の市町村役場でない場合は戸籍謄本を添付します。
市町村役場で届出が受理されたら、離婚成立となります。

尚、未成年の子供がいる場合は、親権者を定めなければ離婚届は受理されません。

協議離婚で重要なことは、協議が調っているかどうかです。

協議では決めなければならないことが沢山あります。

親権者、監護権者、面接交渉権、財産分与、慰謝料、支払い方法などです。

お互いが納得している離婚の場合でしたら話し合いもスムーズにいくでしょうが、実際は協議が上手くいかない方は大変多くいらっしゃいます

離婚自体に納得がいかない場合や相手が離婚に応じてくれない場合、離婚条件に納得がいかない場合など様々な問題が出てきます。

協議方法のアドバイスは個々で異なりますので、一概には言えませんが、あまり感情的になって話をしないことです。

離婚原因が相手であれ、自分であれ、感情的な協議は上手くまとまりません。

相手が面倒くさくなって応じてくれる場合もあるかもしれませんが、大抵は、相手も感情的になり、開き直ったり、中断したりと、進めることが難しくなります。また、闇雲に協議することもお薦めはしません

ある程度の知識や、準備心の準備も必要です。

無茶な請求をされる方もいらっしゃいますが、協議を混乱させ、時間がかかってしまう場合がありますので気をつけましょう。

慰謝料の裁判を起こすつもりでしたら、慰謝料額は多めに請求してもよいですが、それはあくまで協議で決着をつける気がない場合です。
裁判を起こせば、弁護士費用なども必要になりますし、最終的に裁判官が金額を決定しますので、幾ら請求しても良いわけです。

協議では、全く折り合いがつかないときは、調停を申立てるのもよいでしょう。調停も協議の延長です。




あい法務行政書士事務所への個別相談・お問い合わせはこちらから!

 

 
 HOME | 代表紹介 | 交通アクセス | サポート料金 | 相談予約フォーム
 お手続きの事例 | ご相談から解決までの流れ | 事務所のご案内 
 プライバシーポリシー | 特定商取引法の表示 |免責条項| リンク
 〒600-8052 京都府京都市下京区綾小路通麩屋町西入塩屋町72-202
あい法務行政書士事務所 TEL:075−585−8688
Copyright (C) 2011 あい法務行政書士事務所 All Right Reserved