日本行政書士連合会登録
第10271275号
京都府行政書士会会員
第2261号


代表の紹介
  代表の紹介
 ご相談者様の声
  サポート料金
  ご相談から解決までの流れ
  相談予約フォーム
 事務所選びのポイント
 事務所のご案内 
 交通アクセス
 特定商取引法の表示 
 プライバシーポリシー 
 免責条項
 離婚協議書とは
 離婚協議書の内容
 公正証書での作成
 財産分与
 慰謝料
 養育費
 親権・監護権
 面接交渉権
 相手の不貞行為
 相手の生死不明
 悪意の遺棄
 重度の精神病
 重大な継続不能事由
 暴力・DV
 協議離婚
 調停離婚
 審判離婚
 裁判離婚
 戸籍等役所関係の手続き
 子の氏の変更
 提携事務所
 リンク集
 相互リンク募集
  調停離婚 


調停」は、家庭裁判所で行なわれますが、いわゆる「裁判」とは違って家庭裁判所での話し合いなので、ご自分で申立書の作成から実際の調停での話合いまでの手続きを、比較的簡単にすることができます。

また弁護士に頼んで調停をすることも可能です。
調停では、基本的には調停を申し立てた人(申立人)と申し立てられた人(相手方)は、別々に調停室に呼ばれて調停委員から事情を聞かれます。

また、申立人と相手方が裁判所で顔を合わせないように、できるだけの配慮がされており、待合室も別々になっています。

調停の費用は、印紙と切手を裁判所に収めるだけで2,000円程度です。
事案によりますが、通常4〜5回くらい調停が開かれ、終了するまでに半年間くらいかかることが多いようです。

ただし、調停は裁判ではないので、裁判官や調停委員が、裁判のように判決を出して何かを決めてくれるということはありません。

調停の相手方が裁判所の呼び出しに応じなかったり、調停でも話合いがつかずに「調停不成立」とされることもあります。

調停では、離婚するかどうかを争うこともできますが、慰謝料・養育費・子の親権など、夫婦で話合いがつかなかった部分のみを、調停にすることもできます。

離婚成立後でも、例えば養育費のことに関して問題があれば、調停を起こすことが可能です。


調停で離婚が成立すると、離婚後の夫とあなたのそれぞれの戸籍には「調停離婚」という言葉で、離婚した事実が記載されます。

このような記載を嫌う方もいます。

この場合、夫婦の合意があれば調停離婚であっても、協議離婚として調停を成立させることができます。
詳しくは、調停が成立する前に調停委員の方に相談してください。

ちなみに、協議離婚は離婚届が役所に受理されたときに離婚が成立しますが、調停離婚は調停が成立したときに離婚が成立します。
ただし、調停離婚のときも役所に離婚届の提出は必要です。


調停が成立すると、裁判所では「調停調書」といって、離婚、慰謝料、財産分与、養育費、親権者の指定など、調停で夫婦が合意したことについて記載した書類が作成されます。

調停調書には、裁判の「判決」や公正証書同じ効力があります。

つまり、調停調書に書かれた内容(金銭の支払いなど)が守られないときは、相手方の財産差押えをすることができますので、調停調書をもらったらよく記載内容を確かめることが重要です。




あい法務行政書士事務所への個別相談・お問い合わせはこちらから!

 

 
 HOME | 代表紹介 | 交通アクセス | サポート料金 | 相談予約フォーム
 お手続きの事例 | ご相談から解決までの流れ | 事務所のご案内 
 プライバシーポリシー | 特定商取引法の表示 |免責条項| リンク
 〒600-8052 京都府京都市下京区綾小路通麩屋町西入塩屋町72-202
あい法務行政書士事務所 TEL:075−585−8688
Copyright (C) 2011 あい法務行政書士事務所 All Right Reserved