日本行政書士連合会登録
第10271275号
京都府行政書士会会員
第2261号


代表の紹介
  代表の紹介
 ご相談者様の声
  サポート料金
  ご相談から解決までの流れ
  相談予約フォーム
 事務所選びのポイント
 事務所のご案内 
 交通アクセス
 特定商取引法の表示 
 プライバシーポリシー 
 免責条項
 離婚協議書とは
 離婚協議書の内容
 公正証書での作成
 財産分与
 慰謝料
 養育費
 親権・監護権
 面接交渉権
 相手の不貞行為
 相手の生死不明
 悪意の遺棄
 重度の精神病
 重大な継続不能事由
 暴力・DV
 協議離婚
 調停離婚
 審判離婚
 裁判離婚
 戸籍等役所関係の手続き
 子の氏の変更
 提携事務所
 リンク集
 相互リンク募集
  審判離婚 


調停では、離婚した方が夫婦双方の利益になると考えられる場合でも、夫婦のどちらか一方が離婚に合意しなければ離婚は成立しませんでしたが、調停が成立しない場合でも夫婦の公平を考えて離婚した方が良いと判断されれば、家庭裁判所の権限によって調停に代わる審判を下し、離婚を成立することができます。 この方法を審判離婚といいます。

審判では、調停のように夫婦で話し合いをすることはなく、夫婦で離婚に合意する必要もありません。あくまでも家庭裁判所が、職権によって離婚を言い渡します。

審判離婚は、家庭裁判所の審判によって離婚を成立できますが、その審判が下されるのは次のような場合に限られているのが実情です。

夫婦双方が離婚に合意しているが、病気などなんらかの事情により調停成立時に出頭できない場合。
離婚に合意できない主な理由が感情的反発
である場合。
調停案にほぼ合意しているが、一部に限って合意できず調停不成立になった場合(財産分与の額など)。
子供の親権など、早急に結論を出した方が良いと判断される場合。
離婚に合意した後、一方の気持ちが変わったり、行方が分からなくなった場合。
夫婦双方が審判離婚を求めた場合。

審判離婚では、離婚の判断のほか、親権者の決定、慰謝料や養育費の金額などを命じることができます。

夫婦双方から、2週間以内に審判に異議がなされなければ離婚は成立します。

申立人は、家庭裁判所に 審判確定証明申請書を提出し、審判書謄本と審判確定証明書の交付の申請を行い、審判確定後10日以内に、 離婚届、戸籍謄本、審判書謄本、審判確定証明書を、夫婦の本籍地か申立人の管轄の市区町村役場に提出します。
手続きは、調停離婚の場合と同様です

また、審判で離婚を言い渡されたとしても、納得できない場合は、2週間以内に意義申立てをすると審判離婚は成立しません。

意義申立てはどのような理由でしてもかまいません

離婚したくなければ、意義申立てをするだけで審判の効力は簡単に失われてしまうのです。

そのこともあり、審判離婚が成立するケースはきわめてです。




あい法務行政書士事務所への個別相談・お問い合わせはこちらから!

 

 
 HOME | 代表紹介 | 交通アクセス | サポート料金 | 相談予約フォーム
 お手続きの事例 | ご相談から解決までの流れ | 事務所のご案内 
 プライバシーポリシー | 特定商取引法の表示 |免責条項| リンク
 〒600-8052 京都府京都市下京区綾小路通麩屋町西入塩屋町72-202
あい法務行政書士事務所 TEL:075−585−8688
Copyright (C) 2011 あい法務行政書士事務所 All Right Reserved