日本行政書士連合会登録
第10271275号
京都府行政書士会会員
第2261号


代表の紹介
  代表の紹介
 ご相談者様の声
  サポート料金
  ご相談から解決までの流れ
  相談予約フォーム
 事務所選びのポイント
 事務所のご案内 
 交通アクセス
 特定商取引法の表示 
 プライバシーポリシー 
 免責条項
 離婚協議書とは
 離婚協議書の内容
 公正証書での作成
 財産分与
 慰謝料
 養育費
 親権・監護権
 面接交渉権
 相手の不貞行為
 相手の生死不明
 悪意の遺棄
 重度の精神病
 重大な継続不能事由
 暴力・DV
 協議離婚
 調停離婚
 審判離婚
 裁判離婚
 戸籍等役所関係の手続き
 子の氏の変更
 提携事務所
 リンク集
 相互リンク募集
  慰謝料 


慰謝料とは、相手の有責行為によって離婚をせざるを得なくなった精神的損害に対する精神的賠償金です。

不倫浮気暴力行為などが主な原因になります。
その他、生活費の不払いなど婚姻上の義務違反にあたるものも含まれます。

お互いに同じくらい有責性がある場合や、相手方に有責行為がない場合には、慰謝料は認められません。
双方に有責性がある場合には、有責性が大きい方から小さい方への支払いになります。

単なる価値観の違いや、明確な理由のない離婚の場合には認められないケースが殆どです。

また、慰謝料の額に明確な基準や相場というものはありません

「精神的苦痛」といっても、受け止め方は人それぞれなので、協議離婚の場合、慰謝料を幾ら請求するのかはケースバイケースですが、以下の要件が慰謝料額の算定基準として一般的に考えられています。
 離婚原因を作った責任の度合い
 背信性の程度
 精神的苦痛の程度
 婚姻期間
 夫婦の社会的地位
 支払い能力
 未成熟子の存在
 離婚後に扶養が必要か
 

などになります。

慰謝料の請求は、離婚と同時に行う必要はありませんが、離婚から3年以内にしなければなりません。




あい法務行政書士事務所への個別相談・お問い合わせはこちらから!

 

 
 HOME | 代表紹介 | 交通アクセス | サポート料金 | 相談予約フォーム
 お手続きの事例 | ご相談から解決までの流れ | 事務所のご案内 
 プライバシーポリシー | 特定商取引法の表示 |免責条項| リンク
 〒600-8052 京都府京都市下京区綾小路通麩屋町西入塩屋町72-202
あい法務行政書士事務所 TEL:075−585−8688
Copyright (C) 2011 あい法務行政書士事務所 All Right Reserved